標準工事メニュー | 非常用発電設備工事

標準工事メニュー  

<< 常用発電設備工事 | 受変電設備工事 >>

非常用発電設備工事

消防法などでは大勢の人が集まる場所や一定以上の規模をもつ建物に消防設備、排煙設備などの電源確保のために非常用発電機の設置が義務づけられております。また予期せぬ停電に遭うと重大な損失をうける半導体・電子部品の生産工場の被害を最低限に抑えられるほか、銀行・信用金庫のオンラインシステムのバックアップ電源などがあります。
電力会社・消防署との協議・申請手続きから施工まで全てご対応させていただきます。

発電設備設置工事


発電設備設置工事非常用発電機の設置を行います。
発電機の駆動源として、ディーゼルエンジンのタイプとガスタービンのタイプがありますが、一般的にはディーゼルエンジンタイプの発電機が多いです。
設置場所としては、屋外に設置するケースと屋内に設置するケースがあります。

定期点検


非常用発電設備には法律で定められた法定点検を行わなければなりません。
一般的には、消防法にて定められた年2回の定期点検(目視点検・試運転点検)があります。
非常用発電設備の定期点検状況は消防への報告が義務付けられています。

メンテナンス


メンテナンス定期点検で発見された箇所のメンテナンス、および経年劣化に伴う部品交換などを行います。
定期的な清掃、サビ取り・塗装を行うとともに、機器のメンテナンスを行うことで、非常用発電設備を長く安全にお使いいただくことができます。

【メンテナンスサービス】
■エンジンオイル交換
■塗装・サビ取り
■バッテリー触媒栓交換
■バッテリー液補充
■バッテリー交換
■計器類交換
お問い合わせはお気軽に! ゴーゴークイックサービス 0120-55-9193
電設工事.comでは、お客様の電気・設備に関するお困り事を解決いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。個人のお客様はこちらをご覧ください。

メールでのお問い合わせはこちら

標準工事メニュー
私たちからのご提案
こんなシーンでこんな仕事

ページトップへ