技術ブログ 電気設備工事職人のつぶやき | スーパーダイマ材質のケーブルラックはすごい!

技術ブログ 電気設備工事職人のつぶやき  

<< スイッチがフラフラ? | CCFL照明をご存知ですか? >>

スーパーダイマ材質のケーブルラックはすごい!

 以前のケーブルラックは、ステンレスや溶融亜鉛メッキ仕上げでしたが近年高い耐食性をもつスーパーダイマという材質のケーブルラックがが製品化されています。

 3年前の話ですが、工場のお客さまで溶融亜鉛メッキ仕上げのケーブルラックが腐食したため、スーパーダイマのケーブルラックへ更新しました。
最近お伺いしたときに確認したところ、その耐久力を改めて実感しました。

 この工場は海沿いで海風があたるため金属製品は錆びが発生してしまうのですが、スーパーダイマのケーブルラックは全く錆びず、施工時のまま銀白色の輝きを保っていました。もらい錆をしてしまうステンレスより優れているのではないかと思いました。

 ケーブルラック等の新設・更新の際は、スーパーダイマ製品をお勧めしたいと思います。



【スーパーダイマ】
 スーパーダイマとは、高い耐食性をもった溶融めっき鋼板です。

 亜鉛を主に、アルミニウム11%、マグネシウム3%と微量のシリコンのめっき層を持つ鋼板で、優れた加工性を持ち、これまで屋外用の鋼板として使用されてきた溶融亜鉛メッキ鋼板(ドブ漬け鋼板)と同等の性能をもつ鋼板です。

 切断部や傷付いた部分をメッキ層のアルミニウムやマグネシウムが保護被膜を形成することにより、腐蝕も抑制するという特徴があります。

 平面部においては溶融亜鉛めっき鋼板の15倍(塩水噴霧試験結果)と極めて高い耐食性を有しており、また切断端面部・曲げ加工部についても溶融亜鉛めっき鋼板より優れた耐食性を発揮します。
メーカーホームページに「スーパーさびにくい」と、特長1に書かれていました。

 仕様用途としては、電気設備ではケーブルラック、空調設備では空調ダクトの他に土木・建設分野で色々な用途で使用されています。

※スーパーダイマ(SUPERDYMA)は、新日本製鐵の登録商標です。
施工事例|2012/01/19 Thu
お問い合わせはお気軽に! ゴーゴークイックサービス 0120-55-9193
電設工事.comでは、お客様の電気・設備に関するお困り事を解決いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。個人のお客様はこちらをご覧ください。

メールでのお問い合わせはこちら

カテゴリ
最新の記事
月別アーカイブ
サイト内検索
RSS1.0
標準工事メニュー
私たちからのご提案
こんなシーンでこんな仕事

ページトップへ