技術ブログ 電気設備工事職人のつぶやき | スイッチがフラフラ?

技術ブログ 電気設備工事職人のつぶやき  

<< 10VA以下の防犯灯を設置の方へ 新電気料金区分「10VA以下」が設定されました | スーパーダイマ材質のケーブルラックはすごい! >>

スイッチがフラフラ?

照明や換気扇などをオンオフするスイッチが調子悪いとの連絡を頂き、修理に行きました。

スイッチ
少し古い建物でよくみかける、壁についている照明スイッチ。
通常は押すとパチパチいう片切スイッチですが、お伺いした施設のスイッチは軽く触れるだけでオンオフできる状態になっていて、フラフラ状態。
オンオフできるからフラフラになってしまっていても使用していたそうですが、最近照明がついたりつかなかったりし始めたのことで、連絡をしたとのこと。

職人から見るとこれは危険な状態!使用上は問題なくても、内部接点が甘くなり、接続不良の状態になりかねないからです。
最悪の場合、接点がすり減り面積が小さくなることで発熱し、そこから発火することも考えられます。

この場合大変危険な状態ではありますが、電熱器と同じ動作をしているので、漏電ブレーカーはもちろん、過電流遮断器も作動しません。

スイッチの調子が悪いな・・・と思ったら早めに修理することをお勧めします。


PA070560.JPG
施工事例|2011/12/07 Wed
お問い合わせはお気軽に! ゴーゴークイックサービス 0120-55-9193
電設工事.comでは、お客様の電気・設備に関するお困り事を解決いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。個人のお客様はこちらをご覧ください。

メールでのお問い合わせはこちら

カテゴリ
最新の記事
月別アーカイブ
サイト内検索
RSS1.0
標準工事メニュー
私たちからのご提案
こんなシーンでこんな仕事

ページトップへ